fc2ブログ
topimage

技術セミナー ダンパー調整 - 2011.11.20 Sun

できるなら、触りたくない。
触って音が止まらなくなるなら、触らないほうがいい。
ドツボにはまる。

この意見は私もよく経験したことでした。
でも、変化して機能が不十分のダンパーを何とかできるようにしたい、と思った20代に工場で嫌ほど訓練してきたのが、今活かされています。

基本的にダンパーは難しいのですが、それをもっと簡単に早く、また日本のがんじがらめの考えから解きほぐせれば、こんなに簡単で早くできる調整を、またやりたくなってくると思ってもらうのが今回のポイントでした。
PB190034.jpg


また、工具もポイントです。
専門の道具もそうですが、一般の道具も”良い道具”が重要で、それを実際に使って再認識されたと思います。
「普通に切れるハサミ」ではなく「きれいによく切れるハサミ」です。

ダンパーフェルトなどの繊細なフェルトは切れるハサミを使うだけではなく、きれいに良く切れることが重要です。
これで音の止まり具合にも影響しますので。




このダンパーはメーカー、製作年代で構造が違ってきます。
でも考えはひとつで、きれいに動き、きれいに止音するということです。

PB190062.jpg

デモンストレーションを行い、

PB190071.jpg

実際に作業していただき、

PB190077.jpg
PB190079.jpg

最後はまとめました。

PB190086.jpg
日本ではやってはいけないと聞いていたこと、実際には行ったことがないやり方をお伝えして、あとは今回の事をどこで実践するかは、ご本人次第ですが、こういう内容をこれからも現場で活かされるよう、出していきたいと思います。

こうやって、少しづつでもピアノの状態が良くしていくことが、この業界を活性化することにつながればと思います。

● COMMENT ●

帰って復習しました

 セミナーの内容どおり、座って、左手でDヘッドを触れ、ネジ締め、ワイヤー調整をしました。
 手早くまとまるのに、驚きました。より時間短縮と精度を上げ、実践するのみです。
 国内メーカー研修では得られない貴重な技術セミナーだったと思います。海外メーカーのやり方を直接吸収でき、有意義な一日でした。
 整調セミナーの実施、楽しみにしています。

Re: 帰って復習しました

Yさま
早速の実践復習、さすがです。
早くできるようになると、今度はきれいにしたくなるはずです。
頑張ってください。わからないことがあればまた、ご連絡下さい。

はさみ研ぎ

きれいによく切れるはさみを維持するには研ぎも必要ですが、はさみを研ぐのは難しいですよね。やはり研ぎに出すのでしょうか?

今日、どつぼにはまりました

 GPの止音不良の修正を依頼され、W型フェルトの部分でしたので、カットと総上げをしました(はさみ調達済み) が、止音しきれず、どつぼへ。 フェルト挟んで修正も脱出できず深みへ・・?
 全体に左側の弦の止音が甘いので、ヘッドを僅かに左に傾けて何とか止めましたが、そんなので良かったのか疑問です。 終了後、初冬にもかかわらずやたら喉が渇きました。
 止音不良、厄介です。良い対処法あるのでしょうか?ご教授下さい。

Re: はさみ研ぎ

うさま
ハサミは研げません。
大切なものは、刃物屋さんのある街で仕事がある時、研ぎに出しています。

ハサミ、大切ですよ。

Re: 今日、どつぼにはまりました

Yさま
タイトルで笑ってしまいました。すみません。
そうですか、全体にどちらかに寄っているのは、ガイドレールを少し反対にずらせば直ります。
ネジを緩め、少しだけ動かす。
ラジオペンチで、どちらかに圧力がかかっているかを確認してからやって下さい。
これなら2時間で出来ますよ。

一本一本やる方法もありますが、半日はかかります。どつぼへの道です。

止音地獄に蜘蛛の糸降臨

 ありがとうございます。今度はどつぼにはまらずに済みそうです。

Re: 止音地獄に蜘蛛の糸降臨

Yさま
どつぼにはまって、学習します。決して無駄ではないと思います。
注意事項:ガイドレールと響板はくっついている場合が多いので、止めているネジを緩めて、あて木と金槌で、コンコンと叩いてほんの少しだけずらせば完了です。
ただし、ほとんど全てのダンパーが同じ方向にずれている場合のみです。
これも一度ドツボにはまるとわかります。笑

職人技ですね

調律に「きれいによく切れるハサミ」が必要だったなんて、初めて知りました。
やはり一流のかたは、道具に対する要求も厳しいものなんですね。

Re: 職人技ですね

はさみ職人さま
調律にハサミは使いませんが、ピアノの調整、修理に使います。羊毛のフェルトを切ったりするので、その切れ味でかなり仕上がりが変わります。
良いハサミを探すのにも時間がかかりました。
どの世界でも、良い仕事は良い道具を選ぶのではないのでしょうか。
ブログ、ホームページ拝見しました。

人に教えを乞う以上は

 ごまかしを排し、実践するのがノルマです。そして毎回穴に落ちてます。ハンマー整形は見事な山切りカット、鍵盤鉛でにぎやかなビ-ト音発生・・・
 一応プロですから、無事生還できるギリギリを狙って勝負してるつもりです。
 この一年で自分なりに作業のハードルが上がってる実感はあります。人生やり直す位の気迫はありますが、かなりの空回り状態が痛いところです。

Re: 人に教えを乞う以上は

Yさま
意識を高めて、頑張ってください。
安定するには数をこなすことです。しかも要領よくやって、時間の無駄にならないよう頑張ってください。
自分の時間は無限に無いので。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/496-68c28b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピアノ工房月間総括 «  | BLOG TOP |  » セミナー ピアノってどんな楽器?と歴史的鍵盤楽器

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク