topimage

あまり無い修理 - 2012.03.10 Sat

あまり無い修理をちょっとだけご紹介。
P3080001.jpg

このように写真で見ると一見何が起きたのかと、意味がわからない絵なのですが、ピアノの親板、つまり両サイドの板が接着不良で剥がれています。
なぜわかったのかというと、ピアノを弾いていると、雑音がする!ということで、
これはもしかしたらピアノの後ろに何かが落ちて、響板に当たってバリバリ、ビリビリと鳴っているのではないかと思いました。

ピアノを移動して、後ろを見てみましょう!


ピアノを持ち上げて、キャスターをインシュレーターから外して、壁より前に出します。
よっこらせ、う~~~~ん、と唸りながら力を入れて持ち上げると、

「ミキッ、、、」「ミシッ、、、」

これはなんだ?なんの音だろう?
もう一度降ろして、再度持ち上げると、

「ミキッ、、、」「ミシッ、、、」

わからない。
でも何かがおかしい、、、。




P3080003.jpg
空けてビックリ!!!
サイドの板が、本体から剥がれています。
上の方では、7~8mm広がります。

写真はピアノの後ろのすき間から前を見ています。

これは何とかして貼り合わせないと。


P3080004.jpg

すき間に接着剤を流し込み、両サイドを締め付けることができる、大きなクランプで貼り直します。

P3080007.jpg

これでしばらく、接着が乾くまで待ちます。

しまった、完成した写真を撮るのを忘れていました、、、。
接着が完了したら、ピアノの鳴りがしっかりとなり、最初のアタック音の輪郭がはっきり聴こえてきました。
よかった、、、雑音も無くなり、すっきりしました。

これで剥がれることはないでしょう。

● COMMENT ●

大道具さーん!

と言う感じの修理ですけど、大型の資機材が入るなんて、荒木さんの調律師カバンはドラえもんの四次元ポケット?
でも、お家で修理してもらえるなんて、所有者様もお喜びでしょう!

Re: 大道具さーん!

うさま
4次元ポケットが欲しいです。それかどこでもドアか。
いつでもお客様の負担にならないよう心がけています。

ほんと、欲しい!

所有者です

本当に感謝、感謝です。修理の様子をLIVEで見るのはとっても楽しく、勉強になります。アップライトを担いでいただくのが申し訳ないんですが…とりあえずインシュレーターの位置を一度に当てられるよう、クレーンゲームでもして鍛えておきます!!
親板を貼り付けていただいたら、すっかり音が変わりました。ビックリしました。全体に残響が多かったのが無くなり、特に低音がはっきりくっきり聴こえるようになりました! わーい。またいっぱい弾きます!

Re: 所有者です

中島様
そうですね、修理のライブはあまりないですよね。興味をもつ人も少ないかも。
そういう意味では変わってますよ。笑

ますます良くなるピアノが頼もしいです。

接着剤は?

ところで、接着剤は何をお使いになったですか?まさかこの貼り付けにまでニカワは使わないですよね。それに、お客様宅ですし。

Re: 接着剤は?

うさま
そうですね、今度お越しになった時に詳しくお話します!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/510-880feece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

煌めきピアノコンサート と ピアノ工房月間 «  | BLOG TOP |  » 嫁入り

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク