topimage

ちょっと、どうよこれ! - 2012.05.27 Sun

あまりこんな内容を書く気にはなれないのですが、あまりにもひどい話だったので、ちょっと、どうよこれ!

先日紹介で調律に伺いました。
転勤で関東から引っ越して来られ、引越しが終わった途端、いきなり電話がかかってきて、調律の約束をさせられたとのこと。

その時の調律が、どうしても信用できません。
どうかもう一度ちゃんと見て欲しい、とのことでした。

電話で話を伺っただけではなんとも掴みどころが無い感じなので、実際にピアノを見てからにしようと思いました。

小学生のお子さん二人がピアノを習っておられます。
そのピアノはお母さんが結婚記念に買われたピアノとのこと。

これまた思いが詰まったピアノです。
さて、ピアノを開けてみると、、、




フタを開けていくたびに、子供さんは驚かれています。
「前の調律の時にも見たでしょう。」
「うんん、うんん。見てない。」

お母さんが
「フタを外してなかったです。上の屋根だけ開けて、そこから道具を入れて30分で終わってました。」

「・・・・。」「ホントですか?」
お母さん
「乾燥剤入れられて、13???円でした。」
領収書には住所も社判も無く、

30分の調律とはどんなんだろう。
想像はつきますが、調律をやりだして低音にさしかかった時、唖然。
巻線のところが全く調律していなく、そこだけ極端に低くなっていました。

小学生低学年だからまだ低音を弾かないと判断したのか、どうかはわかりませんが、あまりにも酷いものでした。

鍵盤を外すと下は埃だらけ。
子供さんと一緒に掃除機をかけて、調律をしっかりやってやっぱり2時間は経っていました。


今回はある方からの紹介で伺いましたが、こういう出会いがなかったら、所有者もピアノも不幸です。
50代の調律師とのこと、この道30数年されているのでしょうが、なんとも寂しい人生ですね。


帰りにご家族のみなさんの笑顔に送られて、ホっとして家路につきました。

おっと、ボールペンを忘れてきてしまった!

● COMMENT ●

結果オーラィです♪

荒木さん、こんにちは。
結果的に、そのピアノは荒木さんと巡り合えて幸せですね。お母様が勇気を出して荒木さんに電話してくださって、ほんとよかった☆

私も以前、知り合いのピアノ講師からこんな話を聞いたことがあります。アップライトの上の蓋が閉まらないとおっしゃる生徒さんがいて、視ると蓋が水平じゃない。それでピアノを買ったと言う楽器店に電話したら、「それが手作りのよさです」と言ったとか。

その後どうなったかわからないのですが、楽器店から委託された調律師さんも蓋については何もおっしゃってなかったらしいので、グルだな~と思っていました。

上の荒木さんの話と言い、知り合いの話と言い、いい加減な仕事をする人は、仕事に対する誇りがないのかと思いますヽ(`Д´*)ノ

と言うことは…

お客様のピアノ、買われてから、ず~っとそのように調律されていたのでしょうか。
本来の音を奏でていなかったピアノも悲劇でしたね。
きちんと面倒を見て貰えないこの時代に、調律の要らないエレピは出るべく出てきたのかも…。

そういう自分もアコピは持っていないので、調律がどのように行われているのかは
この間の開演前の金曜日、時間待ちで水野さんの工房での作業風景をしげしげと
眺めるまで見たことがなかったのでした。(写真を1枚撮っておいてよかった!)

こわいこわい。

「こんなもんでいいや・・・。」とか、「きっとばれないだろう・・・。」心の中に潜んでいる悪魔のささやきです。このささやきは、初めは小さくても気を緩めるとだんだん大きくなってしまいます。そして、こわい事に本人はそれに気付かず、それでも平気でいてしまいます。
「どうにかして、もっと良くならないか?」と探求する気持ちを持って、「自分に厳しく・相手に優しく」ありたいものですね。

Re: 結果オーラィです♪

みかんぴあのさん
この仕事は中を開ければ、状態が一目瞭然。
他の人が見て、汚い仕事と言われないよう、こんな綺麗な仕事を誰がやったのと言われるよう、意識してやっていきます。

Re: と言うことは…

うさま
何人かの調律師が出入りされていて、最後の運送屋とつながっている調律師がだめでした。
やる人はちゃんとされているみたいです。
良い噂が立つような仕事がしたいです。

Re: こわいこわい。

べっちさん
こわい仕事、どれくらい経験ありますか?
お互い、年と共に頭と行動が同じパターンに固まらないようにしましょう。

Re: と言うことは…

きっと、調律カードを見て「何、前にあの荒木さんが調律していたのか!」と、言われていることもあるのでは?

Re: Re: と言うことは…

うさま
そうなんです。だから絶対変な仕事をしないように毎回気をつけています。
40年前のピアノに大先輩の名前が書かれていたりして、いい意味の名前を残したいです。

悪徳商法というか、消費者センターに苦情を入れるべきレベルですね。

Re: タイトルなし

声を上げるまでの方は少ないようです。仕事は誠意を持って臨みたいです。

私なら…という話ですが、性格が悪いので(笑)、

(1) 調律中の仕事振りを動画に隠し撮り
(2) 調律後にスケールをゆっくり弾いて録画

したものを調律師の実名入りでYouTubeにアップしちゃいます。
相手方が名誉棄損で訴訟を起こす度胸があれば、見上げたものです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/519-5d1d697b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

YAMAHA G2の2本ペダルを3本ペダルに «  | BLOG TOP |  » お嫁入り グロトリアン

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク