topimage

YAMAHA G2の2本ペダルを3本ペダルに.4 - 2012.07.10 Tue

ハンマー付けです。
ハンマーのメーカーや、グレードで大きく音色が変わるので、そのピアノに合ったハンマーを選ぶのもなかなか難しいものです。
相性があるのと、自分なりに作業のしやすいものかどうか、ピアノを使っていく方の環境で将来どうなっていくかが想像できるか。

P7010013.jpg
今まで何回もブログで出していますが、ピアノの音色は弦の響きだけではありません。
打撃音もかなり聞こえます。
この打撃音が揃っていないと、弦の響き以上に目立ってしまいます。
ハンマーが取り付けられるシャンクを石の上で叩き、音程順に並べて、アクションに取り付けていきます。






今回は小さいヤマハということと、このピアノでレッスンや練習を行なっていかれるということ、また弾くのがお子さんということでいろんなニュアンスが付けることができるのではと思い、レンナーのハンマーを選びました。
P7020014.jpg
レンナーハンマー
穴を開けて、最初は四角い木のままです。

P7020015.jpg
それを木のサイドをテーパー状に削ります。

P7020016.jpg
削ると接着した時に動く際、両サイドのハンマーに、当たりにくくなります。

P7020017.jpg
ニカワ付け

P7020019.jpg
シャンクが出っ張って長い分、切り落とします。

P7020022.jpg
木の部分のRを揃えたり、傾きを修正したり、微調整をして仕上げです。
次はいよいよ、本体に取り付けて、アクションの調整、整音作業、ソステヌートの取り付けです。

● COMMENT ●

ギザギザ

写真ではよく分かりませんが、テールのギザギザは後から付けるのですか?

Re: ギザギザ

うさま
テールのギザギザは表と裏両方にあります。
一つは接着面のところ。
より接着が確実に着くように。
もう一つはキャッチ面で、よりしっかりハンマーをくわえられるよう、摩擦を大きくしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/528-2bd43215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時代を語るピアノの響き ピアノの紹介.3 ベヒシュタイン・トロピカルとオーガスト・フェルスター «  | BLOG TOP |  » 時代を語るピアノの響き ピアノの紹介.3 ザウター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク