topimage

時代を語っているピアノの修理 - 2013.03.21 Thu

いよいよ今週末に今のピアノ工房での最後の「時代を語るピアノの響き」コンサートが行われます。
何年も使われ続けたピアノたち、そして作られた時代の背景などが作業をしていると見えてきます。
そして新たに修理に取り組んでいるピアノが、ちょうどこのタイトルにピッタリの作業になりました。

BECH81908002.jpg

この写真は105年前のベヒシュタインのアップライトを修理しているところです。
鍵盤の下のところの部品が錆びて交換しようと分解していると、作られた当時、もしくは今までの何処かの時代に調整した形跡が見えて来ました。




緑色のクロスや、その下の紙の部品を交換していると、いろんな字が書いてある紙が出て来ました。
現代ならいろんな色でできているきれいな紙になっていますが、当時はその時のチラシ、はがき、パンフレット等厚みのある紙で作っていたようです。

ドイツ語、英語、日本語が読み取れます。
新聞紙のような薄い紙はドイツ語の新聞のようでもあり、触ってみると紙がぼろぼろになってしまいました。
英語のものはピアノのパンフレットでしょうか、それらを切って使っていたようです。
日本語のはがきで作られているのは「昭和36年〜」と書かれています。
その当時の調律師が作った部品でしょう。
この時点でピアノは50年ほど経っていることになります。

また、日本語のピアノのパンフレットと思われるものもあります。
値段に、鍵盤の種類などが書かれています。

面白いです。
105年間どこかの時代の調律師が、弾き手のために一生懸命調整したのでしょう。
伝わってきます。

BECH8190801.jpg

その紙が刺さっているピンは錆びています。
木に埋まっている所に錆が出て使えません。
交換です。

アクションもスプリング関係がもうダメでした。
時間をかけてきっちりとした修理を行い、新しい命を吹き込んでいきたいと思います。

このピアノは次回の「時代を語る〜」にお披露目できるかもしれません。
お楽しみに。

● COMMENT ●

ここは一つ

うたまくらのパンフレットを丸く抜いて、使うとか?
明日はお邪魔しますね〜。よろしくお願いします!

Re: ここは一つ

うさま
今日はお越しいただきありがとうございました。
次回も是非ご期待ください。

そうですね、うたまくらのパンフレットより、どこかにサインしましょうかね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/574-2ae5784d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時代を語るピアノの響き 整音セミナー1回目終了 «  | BLOG TOP |  » セミナー 整音入門編 追加日程

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク