topimage

お茶の時間 - 2013.05.11 Sat

新ピアノ工房の工事が始まって10日が経ちました。
徐々に出来上がっていく様子を見るのは楽しいものです。
ずっと見ているわけではなく、こちらの仕事が終わって工房に戻ってきた時にちらっと見る瞬間だけですが、前の記憶と重ねるので、パラパラ漫画を見ているような感覚です。

ここで仕事をしていただいている職人さんはいろんな職種のプロです。
防音工事の大工さん、部屋の土台作りの方、窓ドアなどの大工仕事の方、電気工事屋さんなどと様々です。

たまたま、今の工房に早く帰ってきて、今度の6月2日のコンサートのためのピアノの修理を行なっていました。
すると、職人さんたちのお茶の時間になったのです。





私も工房にいたため、少しご一緒することになったのですが、そこで交わされている会話のおもしろいこと。
普通の人が聞いたら、ただの工事の打ち合わせかと思うかもしれませんが、いろんな専門用語が飛び交い、お互いの仕事の進み具合を話し合い、道具の使い勝手を話し合い、聞いているだけで楽しくなりました。

図面通りに作っていくのですが、多分完成の絵が見えているのだと思います。
それに向かって仕事をやっていく、なんかコツコツ仕上げている今のピアノ修理の仕事にも通じるものがあるような気がして、このお茶の時間ってなんかいいなぁ、と思いました。

職人て一匹狼のようなところもありますが、集団であるものを完成させていくというところにハーモニーを感じました。

もうすぐベヒシュタインが完成します。
ひとつひとつのいろんな小さな作業が集まって、最後は綺麗な音を奏でるピアノになる、そこを目指して、もう少し頑張っていきます。

どうぞ、「時代を語るピアノの響き」コンサートをお楽しみに!

● COMMENT ●

ちらっと

先週、日帰りで大阪出張だったのですが、無理して足を伸ばしてちらっと見てくれば良かったな〜。

Re: ちらっと

うさま
それでは是非じっくりチラッと見に来て下さい!お待ちしています。

お披露目、楽しみ♡

茶論、工房に行かせて頂く度、チラッと新工房を覗いちゃいます。今のこの状態が、どうなるのだろうと想いは何だか膨らみます。
新しく工房が、出来あがると、又うたまくらの世界も広がることでしょうね。
お披露目、楽しみにしています。

Re: お披露目、楽しみ♡

妹尾様
多分私より妹尾さんのほうが、よく見ているように思います。
私が見るのは工事が終わってシャッターが閉まっているところばかりです。
どうぞ楽しみにしていて下さい。これからが追い込みですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/581-20944dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベヒシュタイン8 1908年製 オーバーホール.3 «  | BLOG TOP |  » 1年経ったピアノ

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク