topimage

夏のお仕事 - 2013.08.15 Thu

毎日猛暑が続いていますが、この時期ならではの仕事をやっています。
真夏の一般家庭調律はお盆の時期を挟むので、少なくなっていきます。
その代わりというわけではありませんが、使わない時期ならではの修理が多くなっています。

先日ヤマハG2の修理したピアノの納品がありました。
2013-08-111.jpg

磨きをしっかりして、これから使うための修理を施して、準備万端に納品の時が来たのですが、不覚にも窓枠がピアノの幅ギリギリだったのです。
そこから運送屋さんのいろんな経験の引き出しから選んだのは、出っ張っているところを全て無くした状態、つまり梱包材、屋根、全てを取り除いた状態で逆さに吊って入れるという方法でした。




倍の時間がかかりましたが、無事搬入が終わり、お客様も念願のグランドピアノを引くことができるということで、大変喜ばれました。
2013-08-112.jpg

F様のスタインウェイのアップライトの鉛調整の修理です。
P7310057_201308140022065ab.jpg
購入時にタッチを重くしたほうが良いとの先生の指示で、鍵盤奥に鉛を入れています。
年数が経って、考えも変わり、やはりオリジナルの正規の重さで弾きたいということで、その鉛を抜いて埋木をしました。
鍵盤の上がるスピード、アップリフトが気持ち遅くなりましたが、下がる重さがきれいになりました。

ベヒシュタイン トロピカル
ハンマーの交換です。
P7300038.jpg
P7300039_2013081400220970d.jpg
重厚感のある音色になりました。
この響きも次回聴いていただけると思います。


シードマイヤー
今度の「時代を語るピアノの響き」コンサートに展示予定の1935年製のアップライトピアノの修理中です。
P8080014.jpg

響板の塗料の塗替えです。
きれいにして、再塗装して、鉄骨も塗りなおして、弦を張っていく予定です。
P8080030.jpg

暑い夏はまだ続きそうで、その中、修理ピアノもどんどん仕上げていきます。

● COMMENT ●

搬入!

極めて困難な搬入ながら現場で解決する、英知は無限ですね!暑い夏ながら天候に恵まれて何よりです。
シードマイヤーって、ちょっと調べましたが大層な楽器なんですね。また見に行きます。

Re: 搬入!

うさま
暑さより、雨、台風のほうが天敵ですね。
今、いろんな楽器がひしめいている工房になっています。どうぞお楽しみに!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/596-804824f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏のお仕事 第2弾 「時代を語るピアノの響き」に向けて «  | BLOG TOP |  » 夏休み特集 子どもたちへのセミナー

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク