topimage

聞くこと - 2014.07.30 Wed

最近この仕事をしていてつくづく思うことがあります。
ピアノを触る仕事なのですがそれ以上にお客様の話を人によく聞きます場面によって、状況によって話は全くちがのですが、話をすればするほどそのピアノが置かれている状況がよくわかります。

年1回お客様のところに伺うところであれば、この1年のピアノの状況以外の話でも盛り上がります。

お子さんがいればお子さんの話、ご自身のこの1年の変化の話、仕事の話、家族の話、音楽の話など様々です。

先日はあるピアノの先生の発表会の準備の話を伺いました。
早めに曲を決めプログラムを作り後は生徒さんの仕上がり状況次第。
仕上がりが遅い子がいると不安で、という話を聞くと今から調律するこのピアノからその情景が浮かんできます。
弾きやすいタッチとしっかりとした音程に仕上げます。






ある方は、せっかく1階和室にピアノがあるのに2階リビングのほうが家族と一緒だからということでキーボードで練習していたとのこと。
生のピアノに興味を持ってもらおうと、ピアノの分解掃除を子供達と行いました。
弦を指ではじいたり、アクションが外れたピアノに大声で叫んで、トンネルの中みたい、など。

小学生のお孫さんがピアノをやめられましたが、いつか大人になってまた弾いてもらえるかもしれない時のために調律を頼んでいただいている方は、お孫さんの1年の成長お話しくださいました。

もちろんピアノに対しての真剣なやりとりもあります。グランドピアノである時期になると音が鳴るときにカサカサという音が一緒に出てしまうとの事。ただ今はその症状が出ていません。
季節によって変化するというところを敏感に感じ取っておられる証拠です、と言うお話をさせていただき、症状が分かったので具体例をお話しして納得いただきました。

コンサートの場面でも同様です。
ピアニストが何を思っているかを演奏を聴きながら想定して読みます。
そしてしっかりとコミュニケーションをとって何をどうしてほしいかを言葉に表してもらいます。

「聞く」という事はその方の心を読むということなのでしょう。
人と向き合う仕事ということを誇りに思います。

● COMMENT ●

見えてくるもの

じっくり話を聞いた後に見えてくるものってありますよね。話しているほうも全部を分かって正しく話せているわけではないので、その部分を補いながら…。お互いに気持ちが通じ合えたところで、作業スタートでしょうか!

Re: 見えてくるもの

うさま どういう言葉を選ぶか、それが難しいと思います。その方のセンス、それを理解して作業するようにしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/653-9a49e96d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

KAWAI KG5オーバーホール.2 «  | BLOG TOP |  » 職業

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク