topimage

KAWAI KG5オーバーホール.2 - 2014.08.06 Wed

先日このピアノの持ち主のH様が工房にお見えになりました。
アクションの修理に入る前のいろんな打ち合わせをさせていただきました。
内容は見積り段階でひと通りお話させて頂いていますが、細かいこだわりの部分は直接見て頂かないとわからない部分です。

どういう意味でこの作業を行いどういう結果が得られるか、なぜこの部品を選んだのかなどの再確認にもなります。
お話の前に、ピアノの中に落ちていた、おはじき、髪留め、昭和48年の50円玉、ウルトラマンの飛行機の尾翼と思われるプラスチック。
これらをお渡しして、使用されていた当時を思い出されていました。

最後に工房のピアノを弾いてここのピアノは全て個性があって素敵ですね、と言ってくださり帰られました。

本体の方は張弦が終わって、アクション部分に入っていきます。
張弦の状態は
P7070010.jpg
弦がくぐっている部分の鉄骨に付いた弦の溝を削って無くします。
かなりガタガタになっています。







P7070009.jpg
鉄骨にしっかりと溝が付いています。(この画像は鏡に映った鉄骨部分を撮っています)

P7070006.jpg
弦の下にある弦枕。
木片にフェルトを巻いたものを使います。

P7070007.jpg
当時のようにニカワで接着します。

P7260025.jpg
張弦開始。

P7260030.jpg
巻線

P7260033.jpg
最後に巻線を張って終了です。
ピッチを上げ音程を作っていき、何回も何回も調律を行います。

次はアクション編です。

● COMMENT ●

こだわりの部分の打ち合わせ

もしかして、セミナーで言及されていない“秘密”の部分の説明もあったりして。

弦枕の芯は、オリジナルでも(ボール紙でなく)木片だったのですか?

Re: こだわりの部分の打ち合わせ

うさま もちろんセミナーには出てこない部分、そのピアノならではの部分もいっぱいあります。
弦枕の芯は、木片です。ニカワで貼ることにより、何回も使用できますね。こういうのがなくなってしまうのが残念です。

Re: こだわりの部分の打ち合わせ

と言うことは、テーマ/題材にはコト欠かないので、今後のセミナーも安泰ですね!11月のセミナーも楽しみにしております。

Re: Re: こだわりの部分の打ち合わせ

うさま いえいえ、素材がタイムリーにあればできるということで、無ければ写真映像、話だけでは無理ですね。
ということは常に題材を探しています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/654-096ee1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メーソン&ハムリンがやって来る «  | BLOG TOP |  » 聞くこと

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク