FC2ブログ
topimage

KAWAI KG5オーバーホール納品 - 2014.08.27 Wed

カワイのオーバーホールが終わり、無事納品ができました。
今回40年前のカワイからこんな音が鳴るのかという驚きと、こういうピアノをもう今は作らないのかという思いがまじりました。
音の奥行きと丸みとダイナミックレンジの広さが出たピアノでした。

H様の家のヤマハの横に置きました。
P8260024.jpg

鍵盤を張り替えたこともあり、アイボリー色の白鍵と黒檀の黒鍵が落ち着きます。
ハンマーシャンクを変えることによリハンマーローラーの丸みが全く新しいので、ジャックが抜ける感触が絶妙です。





見えない部分での良いタッチに関係しているところは金属部分の磨きです。
手間がかかるところですが、ここがきれいなのと、汚れているのとでは雲泥の差です。
P7290010.jpg
鍵盤の動きに関係するフロントピン

P8120046.jpg
ダンパーの動きに関係するダンパーワイヤー

P8090043.jpg
鍵盤の上にアクション部品が乗るキャプスタンボタン

それぞれ長年の汚れがこびりついています。

そしてこの時代のカワイのピアノは鍵盤の重さがかなり重いです。
ウィペンに付いているスプリングの強さが年数とともにヘタってきます。
どんどん重くなっていきます。
今はこのスプリングが付いているピアノはほとんどありません。
30年ほど前にはヨーロッパのピアノも同じ仕様が多い時代でしたが、それも今では無くなっています。
やはりスプリングの力はタッチには不自然です。
P8070035.jpg
このスプリングを取って、しっかりと鉛で重さを調整します。

P8140059.jpg
スプリング使用時は鍵盤にはほとんど鉛が入っていません。
写真にあるように印に鉛を埋め込みます。


P8070032.jpg
ハンマーの穴を開け

P8120052.jpg
ニカワ付け

P8240011.jpg
何度も調整をして最後に整音です。

P8240015.jpg
オーバーホールをしたことによってこの時代のカワイの良さを実感しました。

これからも長くのお付き合いをよろしくお願いします。

● COMMENT ●

KG5

外装も音(聞いてないけど)も、ピカピカですね。
オーバーホールで、新品のときよりも楽器の実力が発揮されているかも!?

Re: KG5

うさま オーバーホールの意味は新品よりきれいに、新品より素晴らしい音色タッチに、がモットーです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/657-b1c0f182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雑音と共鳴 «  | BLOG TOP |  » うたまくらピアノ工房セミナー 特別編 「ベヒシュタイン K型 の秘密」

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
35年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク