topimage

セミナー ベヒシュタインK と 防音室 - 2014.09.24 Wed

セミナーが無事終えました。
初めてうたまくら吹田駅前教室の防音室で行いました。

ここにベヒシュタインK型があるということと、音響デザインがされている防音室の特徴を知っていただけ、和室があって併設教室としての、お茶、お花、着付けをおこなっていてそれらを活かすセミナーとして行いました。
P9230007.jpg
1935年製のベヒシュタイン。
戦前の物がきれいにオーバーホールされた状態のピアノで、この時代から戦後数十年と変わらない設計で作られてきました。
やはりベヒシュタインのピュアな音色と、弾きやすいタッチの秘密をお話しました。





そして、ピアノの特徴の次に、このピアノが作られていた時期の製造工程映像があるので、それを見ていただきました。
1926年のベルリン、ベヒシュタインの工場の中、製造過程、大変貴重な映像です。

また、5,5畳の防音室の設計施工をやって頂いた方のお話と音響デザインのポイントをお伝えしました。

P9230008.jpg

P9230003.jpg
次に和室に移り、社員のお茶と着付けの教室に通っている成果を見せてもらい、くつろぎの中にも贅沢な時間をピアノの話、音響の話で盛り上がりました。

P9230014.jpg
お茶とお茶菓子。

いろんな展開ができる可能性があった駅前教室。
またこの場所から次の何かを提案できたらと思います。

次回のセミナーは 工房で行う11/24 メーソン & ハムリン の秘密です。
大変貴重なピアノでもあるので、是非お待ちしています。

● COMMENT ●

製造工程映像

製造工程映像はとても面白かったです。
セミナーで聞いた話、見学した風景などが、まさにべヒシュタインの工場で行われていましたね!でも、自分で見聞きしていなければ、ふーん…と見て流してしまっていたことでしょう。

Re: 製造工程映像

うさま いつも遠くからお越しいただきありがとうございます。ピアノのムシも拝読しました。gooです。
現代のピアノ作りの映像は結構Youtubeなどで出ていますので、ご覧になって下さい。面白いですよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/662-f144fb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

YAMAHA G2 1983年製 «  | BLOG TOP |  » ブリュートナー修理大詰め

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク