topimage

ペダルの色、形 - 2014.10.20 Mon

次回の時代を語るピアノの響きコンサートに間に合うように修理をしているメーソン&ハムリン。
100年近く前のもので、金属部分にサビ等が出ています。
今のピアノはほとんどが真鍮製で真鍮色(金色)に光っています。
このピアノは銀色に光っています。
20141020000832.jpg


日本ではほとんど見ませんが、お国の違いなのでしょうか、メーソン&ハムリンやニューヨーク・スタインウェイはアメリカ製で昔の物はシルバーが多いのです。
何にクロームメッキを施しているかですが、真鍮ならこのメッキをはがせば金色にできます。
しかし、このようなピアノは見たことがありません。






調べてみると鉄でした。
鉄の鋳物の上にメッキがされていて、腐食していたり、メッキが剥がれていたり、どうやってきれいにするか。
浮いているメッキを剥がして鉄に磨きをかけて光らせて塗料でコーティングをする方法にしました。
同じようなサイズのものを探しましたが、なかなか色、形などが合いません。

それならオリジナルのものをどれだけきれいにするかに決めました。
ほとんど見ることのないペダルの裏側にはM&Hの浮き文字がありました。メーソン&ハムリンのオリジナルです。



ピアノの金属部分は見た目にそのピアノのチャームポイントとなるところが多いので、きれいにします。
ペダルの長さ、カーブの具合、形、一台一台違うので、是非時代を語るピアノの響きコンサートの時に見比べてみてください。

11月24日、25日 10:00~12:00
時代を語るピアノの響きコンサート

● COMMENT ●

ピアノの“あんよ”

面白いペダルですね。人間の“あんよ”という感じです。これって、左右の長さ、大きさが違うんですか?足が、ペダルから滑り落ちそうな感じがするのですが…。
もうすぐ、「時代を語る」ですね。どんなピアノ達、どんな音色を体感出きるのでしょうか。楽しみです。

Re: ピアノの“あんよ”

妹尾様 この写真はペダルを外してあるだけなので、長さ、大きさは全く同じです。見え方だと思います。
是非音を楽しみにしてください。

ぴかぴか

綺麗に磨いてぴかぴかになったペダル…踏んじゃっていいのかな、って思っちゃいます。
踏みますけど!(笑)
裏側に文字かあ、お洒落!

Re: ぴかぴか

中島さん ありがとうございます。裏に文字が入っている写真を載せましたのでご覧ください。そして一度弾きに来てください!

わあ!

素敵な足裏!! 24日に伺う予定にしております、今のところ。確定したら申込しますね~。たのしみたのしみ。

Re: わあ!

中島さま お申し込みおまちしています!ピアノも最後の仕上げに入ってきました。お楽しみに!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/666-3f793b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いよいよ「時代を語るピアノの響き」1か月後です «  | BLOG TOP |  » 連携プレー

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク