topimage

いよいよ「時代を語るピアノの響き」1か月後です - 2014.10.27 Mon

いよいよ1ヶ月を切りました。
通常年4回のペースでコンサートを開催させて頂いていますが、9月に無かったので約半年ぶりになります。

今回の聴きどころは、3台のグランドピアノが並びます。

・メーソン&ハムリン(1918年製)
・グロトリアン・シュタインベッヒ(1965年製)
・スタンウェイ(2014年製)

スタインウェイもメーソンもドイツの移民で1年違いの創業、ヨーロッパの血が流れています。
メーソン&ハムリンはスタインウェイをかなり意識した設計になっていて、この時代アメリカの2強と言われたのがよくわかります。
アメリカらしい合理的な考えが反映されている部分もあり、アメリカらしい音が奏でられています。
95年経ったメーソン&ハムリンを修復しましたが、素晴らしい音色の輝きが年代を感じさせません。

そして、グロトリアン-スタインヴェッヒは、スタインウェイがアメリカに渡る1853年以前にグロトリアンとスタンウェイが共に創業したピアノメーカーです。20年後にスタインウェイはアメリカに渡り新たに創業し、グロトリアンはドイツに残って、現在に至まで製作しています。

それぞれの国で戦争をはさむ歴史の中で綴られた、まさに「時代を語るピアノの響き」をお楽しみいただけます。

ほか、アップライトピアノもいろんな国のいろんな時代のもを聴いていただけます。


時代を語るピアノの響きコンサート

日 時
:2014年11月24日(月) 10:30~12:30
:2014年11月25日(火) 10:30~12:30

内 容
:新しいうたまくらピアノ工房でのコンサートです。個性豊かなピアノに合わせて歌枕直美が選曲し演奏します。後半は茶論でお茶を召し上がり、歴史的鍵盤楽器を使った演奏や120年前の新生されたベヒシュタインを使っての演奏を聴いていただき鍵盤の歴史をたどってのコンサートです。

会 場
:新うたまくらピアノ工房 うたまくら茶論

演奏:歌枕直美

楽器案内人
:荒木欣一

会 費(税込)
コンサート:大人¥3240 学生¥2160 小人(小1未満)¥972
:ランチ:大人¥1620 学生¥1296 小人(小1未満)¥972

お申込
Tel.06-6317-3873/Fax.06-6317-3874
もしくはこちら




● COMMENT ●

音色で体感出来ます。

もう一か月前なんですね。今回は、ピアノ音色、お話でどんな“お国めぐり”が出来るのでしょうか。歌枕さんの海外公演は、なかなか行くことは出来ませんが「時代を語る」でいろんな国の音色が体感出来ますよね。楽しみです。

Re: 音色で体感出来ます。

妹尾様 今から準備を頑張ります。お待ちしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/667-ab44b63b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メーソン&ハムリン 搬入 «  | BLOG TOP |  » ペダルの色、形

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク