topimage

今年最後の大きな修理 YAMAHA G3 - 2014.12.26 Fri

今年最後の大きな修理の納品が本日終わりました。
PC040052.jpg

昭和45年製のYAMAHA G3
ピアノ教室をされているK様のピアノです。
4年前に鍵盤、アクション関係のオーバーホールを行い、本体(弦、響板、外装など)は当時のままでした。
最近になり断線も多くなって、弦の張替えの修理を決断されました。

今回のオーバーホールの一番の収穫はこの時代のピアノの安定度でした。
チューニングピンも交換するので、ピン板に負担がかかります。
交換してもほとんどのチューニングピンが同じトルクで保っているのには驚きました。

というのもこの時代より新しいヤマハの弦交換の時には必ずと言ってよいほど、柔らかいトルクのが出てきてしまい、ピン味にバラつきが出ていました。
逆にこれが国産では普通だと思っていましたので、今回のピアノの状態が驚きでした。
オイルショック以前と、後とピアノの作りが変わったということも聞いているので、納得の部分でした。




PC050064.jpg
長年の弦圧によって鉄骨にも溝ができてしまいます。

PC050066.jpg
この溝もきれいに磨きます。

PC180002.jpg
1枚目の響板の色と違うと思いますが、当時の響板の塗料が劣化していくため、ホコリも付着して響きも鈍っていました。
きれいに塗料だけを剥がして再塗装します。

PC200013.jpg
全て張弦が終わりました。

PC250017.jpg
組み立て、調整、調律も何回も行い納品となりました。

良い時代のピアノは生き続けるという証明ともなるオーバーホールでした。
K様、ありがとうございました。


年末までご家庭周りは続きますが、今年の締めくくりとしての大きな仕事が無事終わりました。

今年も最後までブログを読んでいただき、お付き合いいただき感謝いたします。
ピアノを通して音楽の素晴らしさ、人との出会いの素晴らしさを来年も続けていきたいと思います。

みなさまどうぞ良いお年をお迎えください。

荒木欣一

● COMMENT ●

最高に心地よい音色

このたびは、調弦でお世話になりました。
最高に心地良い音色です。 高音もきんきんした音でなくて低音の響きも
臨場感が
あってずっ~と弾いていたい気持ちです。
弦が落ち着くまでには、時間がかかると思いますが、よろしくお願い致します。

Re: 最高に心地よい音色

kohamaさま 張弦による変化はこれからしばらく続きますが、長い目でお付き合いください。次回の調律も楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/675-89e59293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2015年今年もよろしくお願い致します。 «  | BLOG TOP |  » 次のステージ

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク