fc2ブログ
topimage

ベーゼンドルファー 捜し続けたピアノ - 2007.12.07 Fri

S様のこのベーゼンドルファーは約20年経ったものですが、非常に良い状態で2年前日本に入ってきました。
やはり日本の環境で20年経ったものとは違う、楽器として乾いた状態の安定したものでした。

S様はあるホールでベーゼンドルファーと出会われて、それ以来魅せられたそうです。
そして捜し続けてようやく2年前このピアノのお世話をさせていただけました。
イメージ 1



やはりいろんな所のちょっとした工夫がこのメーカーのこだわりを感じます。
イメージ 2

アクションの中の白い突起物が見えますが、これはスプリングの力をネジ式に調整できるもので、通常は付いて無く、スプリングを伸ばしたり縮めたりしての難しい作業です。
技術者にとっては非常に便利なものです。
また、雑音が少ないのも特徴です。
しかし、コストが高いのであまり採用されていないのが現状です。



イメージ 3

巻き線も工夫個所の一つで、ベーゼンドルファーは真線に銅線を手巻きで巻くのですが、巻き始と巻き終わりに工夫が見られます。
通常銅線を巻いたら、終わった時点でブチッとちぎるのですが、そこからほどけて来てジンジンと雑音の原因になったりします。
でも写真のように、銅線の始めを薄くつぶしてよりしっかりと密着するように巻いています。
これも手間ですね。


イメージ 4

そして鍵盤には通常クロスを使用する所が、鹿革を使用して耐摩耗性を考えています。

ただし、今のベーゼンドルファーはこういう細かい部分がどうなっているかは知りません。
コストがかかるためいつまでも採用しにくい部分でもあります。

イメージ 5

いつまでもこのように
Bosendorfer
Wien
と書かれ続けていって欲しいです。


これからもこのピアノで語りかけるような音楽を、音色を奏でていってください。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/68-ff11c162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

企画レポート、アップしました «  | BLOG TOP |  » プレイエルとRoHS指令

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク