topimage

ヤマハC3 オーバーホール - 2015.08.19 Wed

今日から福井のお客様からご注文のピアノにとりかかります。
今回のピアノはYAMAHA C3の40年ほど経ったもので、年数は経っていますが、良く鳴るピアノです。
響板の木目のきれいさ、アクション関係の状態の良さは特筆できる部分です。
こういう良い状態のピアノというのはまれに出るのですが、そこにこだわった修理ができるということは、先が楽しみです。
オーバーホールを施したピアノをご購入という形でまとまりました。

作業内容は一般的なものと、こだわった部分と説明をさせていただきました。






弦、チューニングピン交換
ハンマー交換
ハンマーシャンク交換
ダンパーフェルト交換
鍵盤関係クロス交換

白鍵をアイボリー色に変更
黒鍵を黒檀に変更
(鍵盤関係はお嬢様が貯めたお年玉を使われるそうです。)

こだわりは
・響板の塗装(古いべとっととした古い塗料が振動を妨げているので)を剥がして新たに振動しやすい状態にします。
・シャンクの打撃音をそろえることによって、音程以外の音にも気を聴きやすくします。
・鉛調整。大雑把にしか調整されていないが故、両隣の鍵盤の重さが違ったり、白鍵と黒鍵の差が出たり、それらを新しいハンマーの時に解消し均一に揃えます。


このようにまだまだ細かい部分はあるのですが、これからのブログでご報告させていただきます。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/703-32ea5d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピアノ椅子の復活 «  | BLOG TOP |  » 黒檀(こくたん)に交換

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク