topimage

YAMAHA G5 50年もの - 2015.11.19 Thu

今月末に行われる「時代を語るピアノの響きコンサート」の準備をやりながら、ご依頼を頂いた50年前のグランドピアノのオーバーホールを行っています。
コンサートの後に行う工房セミナーにもこのピアノを使用しての検証を行う予定です。
50年前のヤマハでは現在のように多種多様な接着剤が無かった時代でもあるのですが、アクション関係の接着にはほとんどニカワが使われています。

修理も極力ニカワを使っての修理を行いました。
これらを行ったピアノの響きもセミナーでは聴いていただけます。

PB100127.jpg
ハンマーのニカワ付け




PA170122.jpg
白鍵にヒビが入っています。
樹脂の劣化。

PA210074.jpg
フェルト関係も汚れと劣化です。

PA300115.jpg
新しいフェルトに張り替えです。

PA240085.jpg
メッキで仕上げているピンも摩擦による劣化が起きています。
交換して動きをスムーズにします。

PB090125.jpg
弦をたたくハンマーを支えるシャンク(棒)も新しくします。
打撃音程を揃えたものを使用しています。
ネジは錆や汚れを磨いて落とします。

PB100128.jpg
PB100130.jpg
真鍮製の部品も磨いて仕上げます。

PB160132.jpg
仕上がったアクションを本体に入れて調整していきます。
このアクションにいろんな接着剤で接着したハンマーで実験を行います。




● COMMENT ●

膠接着の効果

こんにちは、今回のセミナーに申し込んだ者です。ウチの60何年前のアップライトを直す時も、何もかもがニカワ接着で良い音がしていたので、膠も出来る工房を選んでハンマー交換は膠で、と何度か打診したのですが、結局ボンドでくっついてきてがっかりした記憶が有ります。今回、その違いが聞けるという事で楽しみにしております。

Re: 膠接着の効果

お申し込みありがとうございます。当日はどうぞ、お気をつけていらしてください。
しっかりと良さをお伝えできればと思います。よろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/713-d3b208e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時代を語るぴアノの響き まもなくです。2015.11.29~30 «  | BLOG TOP |  » 時代を語るピアノの響き 2015.11.29~30

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク