topimage

新たなフッペル - 2017.05.09 Tue

今年になってオーバーホールのご依頼をいただいたピアノ、フッペル。

うたまくらピアノ工房で行うのはこれで4台目になります。
フッペルは大変珍しいピアノのひとつですが、今までの作業の蓄積で難しい修理の一つではなくなりました。

ご依頼いただいたT様の義母のもので、昭和初期に大阪で購入されたそうです。
当時習われていた楽譜も見せていただきました。

弦の錆、フェルト類の虫食い、外装の劣化など弾けない状態にあるピアノです。
このような状態はかなり時間がかかるので、1年くらいの時間をかけて直していく予定です。





分解を進めるといろんな当時の作り方が見えてきます。
何を工夫していたか、どういう考えだったか、など発見もあります。
また今ではやっていない技術なども繋がっていきます。

錆錆残す弦を外します。


チューニングピン外し


弦外し。


鉄骨外し

アクションもじっくりと時間をかけて取り組んでいきます。

● COMMENT ●

またまたフッペル

フッペルがフッペルを呼んで、またまた荒木さんの手に!時代を超えて修理ができるのは、やはり本体の土台の出来、材質がいいからでしょうね。昔のよい楽器を分解するのは、古墳の発掘みたいな発見がありましょう。

Re: またまたフッペル

うさま 希少価値もありますね。今までの積み重ねがどんどん活かされています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/768-8a425de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピアノ工房へ嬉しいお客様 «  | BLOG TOP |  » 若い技術者への義務

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク