topimage

ベヒシュタイン K 今は無きモデル 1988年製 - 2007.11.19 Mon

うたまくらの高槻にある教室 富田教室のピアノです。
この教室の曽和先生はうたまくら社の社員でもあり、音楽製作に携わっています。

まず教室のこだわりである楽器たち。
イメージ 1

イメージ 2

ベヒシュタイン モデルK
ノイペルト スピネット
ザスマン クラヴィコード

そして円筒形のタイムドメインスピーカーのYoshii9

これらが生徒さんたちをお迎えしています。

まずベヒシュタイン
西ドイツ最後のもので、今はもう生産されていない総アグラフのモデルです。
最高音まで一音一音独立しています。
これが最大の特徴でしたのに、それを数年前にスパッと辞めてしまいました。
イメージ 3

響板の素直な響きを活かして奏でています。


イメージ 4

写真手前側のピンの両サイドを見てください。
一番小さいモデルですが、通常ここはクロスを使う場所ですが、鹿皮を使用しています。
もちろん目的は耐久性です。
モデルに関係なく、廉価版ということでもなく最高級の材質で音作りをしていた時代のものです。
ほんの数年前のことですが、、、

そしてチェンバロはノイペルト社のツェンティ・スピネットです。
しっかり作られています。
この大きさがまた、邪魔にならずいいんですね。

珍しい楽器、クラヴィコード
この楽器はバッハが好んで弾いていたと言われています。
もちろんピアノが生まれる前の楽器です。
イメージ 5


鍵盤の並びが何とも美しいですね。

イメージ 6


イメージ 7


鍵盤の奥に取り付けられている真鍮片で弦を押さえつけて音を出します。
40cm四方の大きさの響板なので、本当に小さい音です。
これらでバッハを弾いたときにはタイムスリップした感じです。



タイムドメイン理論を使ったスピーカー
Yoshii9
http://www.utamakura.co.jp/td/tdtop.html

タイムドメイン社
http://www.timedomain.co.jp/

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/77-2c686474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時代を語ったピアノたち «  | BLOG TOP |  » ザウター 納品

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク