topimage

ピアノたちに時代を語っていただきます - 2007.11.15 Thu

今度の日曜と火曜にコンサートがあります。
うたまくらピアノ工房のピアノたちが、それぞれの時代を生きたピアノたちがもう一度息を吹き込まれ音楽を奏でてくれます。

今はその調整の真っ最中で、季節が変われば管理も変わり、音も変わっていく中、全部で11台の楽器を調律、調整していきます。

なかなか言うことを聞いてくれないものや、いやにお利口で反応がいいものなど様々です。
特に80歳のピアノなんかはいたわりつつ、でもしっかりと音が出て、タッチの反応が良くないとピアノではないので神経を使います。
また、当時の職人の技も見ることができて、日本の宮大工のような感じです。
人間の手で作られているというのをしっかりと感じられる楽器たちです。

それぞれの楽器が語ってくれるのを聴くと、本当にこういう楽器たちを紹介できて良かったなと思います。

それぞれのピアノの話、時代背景の話を含めてコンサートが始まります!



http://www.utamakura.co.jp/piano/jidai/jidai2.html

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/79-bd9e5a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ザウター 納品 «  | BLOG TOP |  » グロトリアンーシュタインヴェッヒ 110 1968年製

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク