topimage

ピアノ弾き語録Vol.1 - 2008.05.15 Thu

調律の仕事と言うのはピアノと向かうわけですが、その向こうには必ず、そのピアノを弾く人がおられます。
昔から思っていたことですが、今までにいろんな方の仕事をさせていただきましたその中で、特に印象の残った方のお言葉と言うのが大変興味深くて、奥が深くて、はたまた意味不明で、それらがまた、面白いのです。
そこでこれから、特に印象に残った語録を出させていただこうと思います。

ピアニストでも、一般の方でも、子供さんでも技術者でない限り、鍵盤を弾いた感触での言葉の表現です。


今日伺ったK様。
小さいグランドをお持ちで、より弾きやすくする方向での調整の中でのお言葉。

「鍵盤が鉛調整により物理的に軽くなっていても、弾き心地は重い。」
う~んどういう調整をしようか?

「鍵盤の下の方で揺さぶる感じ。」
鍵盤が一番下に降りた時はもう音が鳴っているので、揺さぶっても音は揺さぶられません。
でも、意味は感じは大変良くわかります。

そして、極めつけ
「小さいグランドですが、弾いていて大きいグランドのようにハンマーが遠く奥に感じる調整はできますか?」
「鍵盤を長く作ってください。」
この一言がK様のピアノに対する思いの一言だと思いました。
最後はお互いにいろんな発想が出て大変盛り上がっていきました。


技術者とすればそれぞれのお言葉を頭の中で技術に置き換えて考えるわけですが、言葉はいろんな言い方ができますが(特に日本語は難しい!)、技術はそんなに多くはありません。

いやー困った。
でも楽しい!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/8-4540e208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピアノ弾き語録Vol.2 «  | BLOG TOP |  » ただいま新生中!3 オーガスト・フェルスター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク