FC2ブログ
topimage

自動演奏装置マランツmarantz  - 2018.11.27 Tue

YAMAHAよりもKAWAIよりも早く開発された自動演奏装置Pianocorder 。
今回はこの撤去作業です。
カセットテープで録音再生できる画期的な自動演奏でした。
当初鍵盤の上に88鍵分の横幅の箱が置かれてそこから鍵盤を押す棒が出ていました。
そして1980年代に改良型のものが出ました。
これはアップライトピアノの中に入れる事ができ、見た目にも隠れているのでスッキリしています。

ただ30年前の電化製品、しかもカセットテープ。
動かなくなっているので大きな重たいゴミが付いてきる状態です。
これを全て取り除き元の状態に戻します。







電気部品は全く詳しくないのですが、ヒューズがあったり、トランスが大きく重かったり、全部で30~40kgはあったのではないでしょうか。





ダンパーペダルも自動で動くようになっているのでの突き上げ棒に細工がしてあるため作り直さないといけません。
30年前の部品は無いので一から作ります。





初期の携帯電話のように機械の全てが大きく重いため取り除くと綺麗すっきりになりました。
これでピアノの調整が出来ます。





そして自然に戻りました。

● COMMENT ●

ピアノのご本尊

カセットテープに記録されている打鍵とかペダルの信号がどうなっているのか興味がありますね!ファックスのピロピロ音みたいなのかな。ところでピアノのご本尊もマランツ製なのですか?

Re: 自動演奏装置マランツmarantz

ピアノはフィンランド製です。
今度また出します!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/814-42b2b448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜学研修 「スティック修理」 «  | BLOG TOP |  » 夜学研修 第1回

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
35年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク