topimage

ベヒシュタイン 11 1997年製 - 2007.10.23 Tue

まだまだ若いピアノですが、I様ご家族の成長の思い出、愛犬の思い出などがこの10年で十分にしみ込んでいるベヒシュタインです。
イメージ 1

イメージ 2



ピアノを習っているお姉ちゃんも高校生になり、いろんなものに興味がある中、ピアノをずっと続けておられます。
お母さんもピアノの音が聞こえてくるとホッとします、とおっしゃっていました。

このベヒシュタインは10年前の現代でもしっかりと手作りしています。
イメージ 3


この写真のネジを見てください。
金色に光る真鍮のヒンジを止めているネジ、鉄骨を止めている大小のネジ、すべてがマイナス(-)のネジになっています。
マイナスネジはドリルドライバーなどの機械で扱いにくいのです。
ピアノに限らず一般的にはずいぶん前から、ドリルの先にプラスドライバーを付けてプラスネジをガーッとねじ込んでしまいます。
ネジ馬鹿になるものなど、手への感触がわかりにくいのです。
その反面、スピードが早く作業効率はすごいです。

対するマイナスネジは、一本一本手で硬さを感じながら回して止めて行きます。
真鍮のヒンジのネジなどは、すべて一定方向にきれいに並んでいます。
こだわっているメーカーのみ未だに採用しています。
ホームセンターなどにはマイナスのネジはほとんど売られていません。

それにしてもベヒシュタイングリーンのマフラーフェルトは奇抜ですね。

イメージ 4

そしてアーベルのハンマーにアクションレールも木に塗装がしてあり、高級感があふれています。




I様はこの音色に惹かれて、購入を決められたとおっしゃっていました。
この音色をずっと保ちつつ見させていただきます。
I様のご家族の軌跡も一緒に。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/91-6193f88b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピアノの音の強弱 3回目 «  | BLOG TOP |  » ベーゼンドルファー 200 1973年製

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク