fc2ブログ
topimage

断線対策 - 2020.11.07 Sat

ピアノの先生のご自宅のグランドピアノ。何年も断線に悩まされていたとの事でご依頼をいただきました。
1ヶ月前に初めて伺ってピアノを見た感想は疲れきってタッチも音色も荒れて非常に弾きにくいピアノになってしまっていました。
この状態でのレッスンは大変です。
断線も酷く高音部はほとんど交換されているようでしかも鉄骨には張弦時でできた傷がいっぱい。



これからも休みなくレッスンで使っていくとの事でオーバーホールのタイミングも難しく、さあどう提案しようかと悩んでいましたが、まずは断線を食い止めなければいけません。





以前同じような症状のピアノの時にハンマーを新品に交換したら断線がぴたっと止まったのを思い出しました。
弦を叩くハンマーが状態悪ければそれが原因の一つとして断線するということがわかったのです。




張弦時にキズだらけになった鉄骨

今回オーバーホールが出来ないので同じYAMAHAの古くても肉厚のあるハンマーと交換する事にしました。
ハンマーを交換すれば音色もタッチも重さも全て変わってきます。
それを短時間で作業行いました。
鍵盤重さ調整では先生と鉛を貼る作業を行い、重さを揃える意味も理解していただきました。



仕上がったピアノはきれいにまとまり別のピアノとして生まれ変わりました。
ただしこれはあくまでも次のオーバーホールするまでの応急処置です。
それを理解していただいた上でこれからの使用のアドバイスを行いました。

まだまだ長く使えるピアノでレッスンに励んでください。

● COMMENT ●

弦溝の本数

2枚目の写真の左から2番目のハンマーには弦溝が4本ありますが、弦を張り替えたときに場所がズレたのでしょうか?

Re: 断線対策

はい、ずれたというより、元の位置に戻すのが当たり前なのがそういう事もきちんとやらないできない適当な技術者ということです。恥ずかしい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/914-cf50e1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

みんなで参加 «  | BLOG TOP |  » 調律をしていないピアノはどうなる?

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク