fc2ブログ
topimage

黒鉛の良し悪し - 2021.01.27 Wed

長年この仕事をしてきて今回初めて知った事があり、その発見はピアノ技術者に知っていただきたい内容のものです。

「黒鉛(グラファイト)は必要か?」

動画を見ていただくとわかるのですが、先日起こったこと。
YAMAHAグランドのアクションの調整をしていた時、どうしても鍵盤、タッチが重いのです。
スティックを疑いその症状があったため直し全ての動きに問題が無いのを確認しましたがまだ重い。
原因を追求するとそれはハンマーローラーに付いた「黒鉛」でした。





ピアノの内部には黒鉛(鉛筆の芯)を使っている部分が多くあります。
使う理由は摩擦を減らす、滑りやすくする、抵抗を少なくする、擦れる音を小さくするなど様々です。
黒鉛の固形を塗る、液状を塗る、ねり状を付けるなど色んな種類の黒鉛です。

木部や樹脂に塗って対するものは、フェルトやクロスのなどの繊維、または天然皮、人口皮革などです。



スティックを直し、動きが全て良くなったにもかかわらず鍵盤が重いため原因を追求すると黒鉛がローラーとジャックの摩擦を大きくして動きを阻害していました。
強いて言えばローラー付いた黒鉛とレバーに塗られている黒鉛の摩擦です。
ローラーにテフロンを塗り滑りやすくする方法でも同じく改善しますが、すぐにテフロンが取れてしまうため効果は短期間でしょう。

湿気の多い地方で黒鉛が原因でジャックがローラーから抜けなくレットオフしないピアノを見たことがあり、ローラーの皮に真っ黒に付いた黒鉛をヤスリで削り落とすとなんとスムーズになりました。

こういうYAMAHAは多いのではと思います。
ローラーの皮(人口皮革)と黒鉛の相性が悪いのだと考えます。
黒鉛が取れやすくローラーに付きやすい。
年代で品質が変わって改善されているのかもしれませんが、新しいうちは出ないので難しい判断です。

昔のベヒシュタインは逆に黒鉛を使用していないアクションです。
鹿皮と木材の質が良いため雑音など出ません。

今回の動画のようにローラーの黒鉛を削り落とすだけで13g軽くなりました!びっくりしました。
しばらく弾いているとまた付き出すのでしょう。

こういうピアノが山ほど作られて来たので、これからやらなければいけないピアノが山ほどあるという事でしょう。

タッチが重いと感じたらお問い合わせください。

● COMMENT ●

摩擦

黒鉛をねり状にしている油分が、人口皮革をねばねばにして摩擦を増やしているかもです。かと言って粉状のものだと、テフロンと同じく直ぐに剝がれちゃいそうですし、選択が難しいところです。

Re: 黒鉛の良し悪し

なるほどですね。またいろんな実験検証が面白そうです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/923-c56d3f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スタインウェイ修理2 «  | BLOG TOP |  » レイモンド無事に納品完了

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク