topimage

ピアノの音の強弱 2回目 - 2007.10.17 Wed

今月のうたまくらピアノ工房連続企画での準備に取りかかっています。

前回のハンマー製作に続き、今回は以下のようなハンマーを用意しました。

イメージ 1


左から
1.硬化剤でガチガチに固めたハンマー
2.水にぬれたハンマー(湿気を含んでしまったハンマー)
3.整音で針を刺しすぎでパンク状態になったハンマー
4.長期間の使用で消耗が激しいハンマー(弦の跡が極端に付いている)

ちょっと写真ではわからないかもしれませんが

イメージ 2

イメージ 3


1.硬化剤でガチガチに固めたハンマー:ある意味形が整っています。
2.水にぬれたハンマー:表面が縮んでいます。さわると柔らかい。
3.整音で針を刺しすぎでパンク状態になったハンマー:縦にも横にも膨れ上がっています。
4.長期間の使用で消耗が激しいハンマー:弦の溝が長いです。

さて、どんな音が出るのでしょうか?
そして、強弱のコントロールは?

正常なハンマーでの強弱をあらためて考えて、演奏でのポイントを体感してみましょう。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/96-7731835a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ザウター 113 センターピン調整 «  | BLOG TOP |  » ベヒシュタイン 9 1925年製

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク