topimage

ポーランドという国 - 2007.10.13 Sat

ポーランドという国をどこまでご存知でしょうか。
イメージ 1





今年は日本・ポーランド国交回復50周年だそうです。
ピアノをされている方ならポーランドと聞いたなら真っ先に思い浮かぶのは、ショパン。
大阪で記念祭が開かれ、コンサートもオールショパンプログラムの演奏がありました。

私自身、ヨーロッパをいろいろまわった経験はありますが、ポーランドは行ったことがありません。
ほとんど知らない国の一つです。
20年ぐらい前の話になりますのでその時は、まだヨーロッパが東西に分かれていました。

日本とも深いつながりのある国ということを今日あらためて知りました。


細かい歴史は不得意なので省略させていただきますが、ポーランドという国は「狭間の国」と言われています。
西にドイツ、東にロシア。

そして一時は占領されて国が無い状態の時もありました。
ショパンの生きていた時代も国がありませんでした。
国境が無かったのです。
日本では考えられないことですが。
イメージ 2

写真のようにロシアとドイツに領土が分けられています。


その時、地下組織で日本と国交をつないでいたそうです。
第二次世界大戦中は多民族国家ポーランドの中のユダヤ人を助けるために、在ポーランド日本大使館代理の杉原千畝が日本行きのビザを発行し、1000人以上のユダヤ人を助けた話は有名です。
日本のシンドラー。

そして、戦後その恩返しとして阪神大震災で被災した子供たちをポーランドに招待して元気づけてくれました。



今はEUに加盟して発展していっているそうです。
EUの経済成長率が2~3%に対してポーランドは6.2%
日本の企業も155社あるそうです。

そしてポーランドの若者は日本語を勉強している人が多いということだそうです。
しかも日本書紀、古事記などを読んでいるとか。
勉強不足です、、、はずかしい。

ピアニストは遠藤郁子さん
戦後20年のショパンコンクールを受けられたのがポーランドとの出会いと言われていました。
曲間でショパンと、ポーランドのお話を交えてのコンサート。
着物の衣装も遠藤さんならではです。
イメージ 3

イメージ 4

ポーランドの国旗も白と赤です。
イメージ 5


今月下旬に今度はポーランドでジャパン・ウィークが開かれます。
http://www.iffjapan.or.jp/japan_week/new_info/

そこに日本の文化を発信するために歌枕直美が行きます。
http://www.utamakura.co.jp/artist/concertjoho/concertjoho.html

私は日本でヨーロッパから来たピアノを見てます。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/98-4ec1b6b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベヒシュタイン 9 1925年製 «  | BLOG TOP |  » グロトリアン-シュタインヴェッヒ 185 1924年製

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク